ヨクイニンについて

色々なメーカーから出ているヨクイニン錠を比較してみよう

ヨクイニン錠はイボ取りやイボケアとして人気のある商品です。
市販のヨクイニンは子供なら5歳から飲むことも出来ます。
安心安全な薬なんですよ。

そんなヨクイニン錠は多くのメーカーから販売されています。
主にイボ改善の目的で販売されているのがヨクイニン錠です。
メーカーによってどんな違いがあるあのでしょうか?
購入する前に、色々なヨクイニン錠を比較して検討してみましょう。

まずイボ改善に人気のあるヨクイニン錠としてはヨクイニンS「コタロー」と言うものがあります。
小太郎漢方製薬と言う製薬会社が販売しているヨクイニン錠、コタローですが、イボ改善、肌荒れ改善を目的として作られている錠剤です。
販売価格は240錠で2200円、720錠で5900円となっています。
240錠と言っても16日分で、720錠でも48日分ですから、かなり高額かと思われます。
服用開始年齢は5歳と平均的な年齢です。
食前もしくは食間に1日3回服用です。
15歳以上は1回5錠となります。
ヨクイニンエキスは2.00gとなります。

クラシエ(ヨクイニンタブレット)はクラシエから販売されているタブレットで、リニューアルされたものです。
7日分が126錠で1200円、28日分で504錠入っており、3700円となっています。
服用開始年齢は3歳からと低く、安心性も高いものですね。
服用回数は食前もしくは食間に1日3回服用、15歳以上は1回6錠となります。
ヨクイニンエキスは1500㎎です。

ビタトレールヨクイニン錠は本草製薬という製薬会社から販売されているヨクイニン錠です。
こちらも肌荒れ、イボに効果的なヨクイニン錠となります。
30日分で540錠入っています。
服用可能年齢は平均の5歳からで、服用回数は食前もしくは食間に1日3回服用、15歳以上は1日6錠となります。
ヨクイニン末が4200㎎含有されています。

最後にヨクイニン錠SHという新日本製薬から販売されているヨクイニン錠もあります。
小粒で飲みやすい錠剤で、大人でも子供でも飲みやすく作られています。
30日分360錠で3800円です。
服用開始可能年齢は5歳から、服用回数は食前もしくは食間に1日3回、15歳以上は1回4錠となります。

これらのヨクイニン錠は全てヨクイニンが配合された、生薬では苦くて飲みづらいと言うデメリットを消したヨクイニンの錠剤になります。
子供や高齢者でも飲みやすい小粒タイプや味のないタイプが殆どです。
メーカーによって1回に飲む量などが変わってきますから、その点も比較すると良いでしょう。
錠剤をうまく飲めない場合は、1回の服用量が少ないほうが有難いですね。
一般的にはヨクイニン錠は子どもは5歳から飲めることになっていますが、この中には3歳から飲めるものもあるようです。

さらに比較したい点として、ヨクイニン錠の主成分であるヨクイニンの成分量がどれだけ入っているかも考えたいところです。
成分量が多ければ効果も期待出来ますが、その分副作用も起きやすいと言うことになります。
自分の体質などに合わせて、どのヨクイニン錠が良いのかを検討してみましょう。

ヨクイニン錠は多くのメーカーから販売されていますから、よく比較した上で選ぶようにしましょう。