ヨクイニンについて

ヨクイニンでアレルギーを起こすことってある?

ヨクイニンとは、ハトムギの種皮を取り除いた成熟種子で、天然の生薬です。
ですから殆どの場合副作用は起きないと言っても良いでしょう。
しかし生薬でも薬と名前がついているからこそ、副作用が全くないと言うわけでもありません。
同時にアレルギーに関しても同じことが言えます。
ヨクイニンの元になっているハトムギはイネ科の植物ですから、イネにアレルギーを持っている人は当然アレルギー反応を起こすことでしょう。

もしアレルギーが起こったらどんな症状が現れるのでしょうか?

ヨクイニンは天然の生薬の漢方薬です。
副作用の程度や頻度に関していえば、西洋薬よりずっと軽いものだと思っておいても良いでしょう。
しかし人の体質によっては合う合わないと言うものがあります。
人間には個体差と言うものがありますから、万人に合った薬と言うものはほぼ存在しえないと言っても良いでしょう。

ヨクイニンは天然の植物ゆえ、成分が体質に合わない場合はアレルギー症状が起こる可能性もあります。
その症状の一例としては、かゆみ、発疹やじんましんなどがあります。

副作用では比較的多いもので胃の不快感や吐き気、下痢などでしょう。
特に飲み始めは下痢の症状がよく出ますから、少しずつ量を調節しながら飲むと良いですね。
また血圧を高くする作用がありますから、高血圧や心臓病の人は細心の注意を払って飲む必要があります。
また消化器科系の持病を持っている人も注意が必要です。

実際ヨクイニンを服用する際には、基本は白湯で飲むことが一番です。
そして食事前、食間がベストなタイミングです。
漢方薬は西洋薬とは異なり、即効性はありません。
ですから、気長に飲み続ける必要があります。
西洋薬と言えば、風邪薬のように、2日3日飲めば治ると言ったようなものですが、ヨクイニンのような漢方薬は、そのような短期間で効能を発揮することは出来ません。

ですから今出来ている首イボが気になるから1週間以内に取りたいと思っていても、それほど早く効果が表れるはずもないのです。
長期的な服用が必要となります。
決められた容量や用法を守って飲み続けることで、初めて効果を発揮します。

持病がある人は、ヨクイニンの服用を始める前に、事前に医師に相談をする必要がありますし、妊娠中の女性には禁忌の薬とも言われています。
それは子宮を動かす作用があるので、早産や流産のリスクが高まるからだと言われています。
妊娠中の女性は特に医師に相談しましょう。

それを除けば、ヨクイニンはとても健康に良い成分です。
イボ取りや肌ケアにも最適な成分ですから、是非長く飲み続けて美肌を手に入れるようにしましょう。
炎症を抑える作用も持っていますから、肌トラブルを抱えている女性などには最適な成分ですし、ニキビにも効果的だと言われています。
今ではヨクイニンの成分が配合された化粧品なども販売されていますから、ぶつぶつや首イボが気になる場合、そのような化粧品を使ってみるのも良いですね。
ヨクイニンの力でイボケアをすることが出来ますよ。